Kimnee Moto-Gymkhana blog

モトジムカーナ・ブログです。(JAGE-C1)

MOTO-GYMKHANA JAGE-C1
Ibaraki,JAPAN, team GENKAI
<>
KTM 390duke(2014-2018)
YAMAHA WR450F(2019-)
<>
CB1300SB


これからジムカーナを始める方、
ジムカーナに興味のある方などに、
あるジムカーナ選手の日常を通して
練習会や大会の様子を紹介するのが狙いです。
内容にライディング技術論は少ないです。


「保存版」カテゴリーでは、
 大会申込要項や、会場への行き方など整理しています。
「日記」カテゴリーは、
 はまさに日記です。練習会、大会の個々の情報です。

台風の影響で雨予想されていたが、
前日のJAGE練から、ドライ。
陽がさせば、真夏の暑さ。

直前にダンロップ新タイヤQ5前後が
届いたので、前日練のJAGE練でお試し、
そのままJAGE杯へと持ち込むことにした。

いろいろと噂飛び交う中、
今回入手したのは、F120/R150
Fホイールは3.5Jで試す

新品であることを差し引いても
グリップ感は増している感がある
ただフロントは切れ込みが早いか。
このあたりは、スーパーコルサV2/V3に
似ているかも知れない。
空気圧をあれこれ変えつつ、
翌日のJAGE杯を乗り切るために、
F1.6/R1.6 の空気圧とした。
(これはα13SP 120/160 とほぼ同じ)

ちまたでは空気圧高め設定で
タイム出ているようだが
自分が明日の大会である程度
安定して走るためには、まずここ
Fの切れ込みも悪く無いけど
もう少し慣れが必要。

110や、3Jとの組み合わせや
突き出し量も併せて、決めて行きたい


さて、大会当日。
コース図

IMG_0001

前半は回り込みの大きい8の字
中盤のセクションは十字エリアと(A)と
奥まで言ってオフセットで戻る(B)の
組み合わせ。A→B→A と通る。

十字部の2つを通って、往路を処理し
Bゾーンを通ってから、
十字部の残りの2つで、復路を通る
という流れになりますが、
まあ、十字の中で曲がるより
直線を活かした選択をした人が多かったか
(往路で、図中縦に上から下へ、復路で右から左へ)

クランク、S字部には、コース内側に
パイロンが置かれていて、ラインが大幅制限される。
ここまでラインが制限されると、あまり差が出ないのでは?

1H

そこここで小さいミスをしている。
(自分でしか解らないかも?)
中央セクションは速度落としすぎ
タイヤに不慣れな所為ではない。単に下手

1'28.379 P0 は39人参加のC1クラス中
21位とちょうど真ん中あたり
C1トップは、24秒台
C2トップは、26秒台
総合トップは、20秒台
で、2H目は、26秒は狙いたい
しかし、小さなミスはしているとは言っても
詰めどころがあまりない

2H

開けられるとこは、しっかり開ける
減速は、遅らせて、その分がっつり
と加減速を頑張ったつもりでしたが
スリップや、オーバーランをいくつか
増やしてしまい。頑張った割には、
タイムは微減にしかなりませんでした。


1H 1'28.379 P0
2H 1'28.185 P0★ 110.68%

C1クラス 24位/39人中
総合順位 50位/122人中




トップ冨永選手はまたダントツでした。
数字で見てみよう。

■トップタイムと2位との差
1位 1'19.677 100%
2位 1'21.772 102.63% <2.095sec/2.63%>

■B級クラスタイム率 2/13人 15.4%
■C1級クラスタイム率 17/39人 43.6%
■C2級クラスタイム率 16/25人 64%

クラスタイム出ていない言い訳には
なりそうもない(笑)

8月第1週は、事務茶屋杯
毎年この暑い盛りに開催されている。
しかし予報では本日は終日曇り。
比較的過ごしやすいトミンでした。

本日のレイアウト
IMG_0001
最近ちょっとショートにしてて、レブには2回当たる。

坂下の方向指定4本ラインは、実際のパイロン配置は
真横(縦?)には並んでおらず、3本のパイロンは
右から左へ、手前から奥へ並んでいる(逆走不可)
――――――――――――――――
           →①
          ▲
        ←②
       ▲        ←←←←←
     ←③
   ▲
  →④
――――――――――――――――

一番上のパイロンを②①と処理して
一番下のパイロンを③④とすると
回転2回 で距離的に短く速いと思ったんだけど

大きく8の字を書いたほうが速かったみたい
 ②④③① ③
 または
 ②④②① ③

1H目は”回転”、2H目は”8の字”で通りました。


1H目

第一レブ当てポイントの小おにぎり前で
いらぬ減速をしてしまい、無駄。
アクセル戻したら負け!
坂下も、回転利用なので?、タイム良くなくて
1'21.838 P0 は、C1クラス 7位/16人中
toptimeは、13秒台


2H目
コースウォーク中、やはり”8の字”のほうが
速そうだという噂で、採用。
確かにミスも少なそうだ。
2H目19秒台前半は行けそう?
しかし、”8の字”なら奥まで速度を残したいと思ってたら
急ブレーキになりすぎてリアロックしました(笑)


なんとかぎりぎり20秒は切って
1'19.992 P0 は、C1クラス 7位/16人中
(一人を抜いて、一人に抜かれて)

リザルト(リンク)
1H 1'21.838 P0
2H 1'19.992 P0 ★ 109.78%

C1クラス 7位/16人中、総合26位/106人中
topは、1'12.865 吉野選手


夏の4連戦

7月17日(日) 東北大会 2位/5人中
        入賞してアタリマエ、でも1位も取れた
7月24日(日) ダンロップ杯 8位/50人中
        なぜか部の良いD杯。入賞までもうちょい
7月31日(日) 中部大会 27位/32人中
        コース間違いで自滅、あれが無ければ
8月7日(日) 事務茶屋杯 7位/16人中
        入賞までもうちょい

入賞4、優勝1も可能だったのに、これがゲンジツです。

キョウセイドライバーズランド(愛知県岡崎市)で
開催された、中部大会に参加してきました。
中部地区では、3年前まで浜名湖で大会が行われていましたが
その大会がなくなってから、
しばらくこの地域では大会が開催されない状況でした。
しかし、最近では、パイロンパーク鈴鹿(PPS)など
素晴らしい練習環境が整っていることもあり
この大会で、腕試しをする機会が出来たことになります。

今回は前日練習会もありましたが、これは急遽パス。
当日の大会からの参加です。
本日のレイアウト
IMG_0001
図中左の川の字セクションは、4本ラインで
図中上から2本目の線が長さがゼロ(笑)
つまりパイロン1本分の長さでした。
それと最後のゲート内フリーターンは、
図とは方向が違いゲートはほぼゴールに
真っ直ぐに入る方向となります
(図からは反時計回り90度)

1H目
このコース、回転してはフル加速、
フル加速から回転、のように
速度差の強弱が激しいので、回転の入口出口では
敢えてRが大きくなるように、
速度が落ちすぎないようにして走ってみました。
当然距離は少し多めになるはず

ちょっと意識しすぎたか、メリハリの無い
走りになってしまいました。
川の字セクションはうまく処理出来た
と思いきや、ギャップに振られて
パイロンを踏んでしまい、P1でした。
しかし一度走れば、メリハリ付けるとこ
付けすぎないとこ、はっきりしたので
2H目勝負。

2H目

概ね順調。大きく短縮していそうと思いながら
最終セクションへ。そこで大ミス。
フリーターンへの入口をロストして
急ブレーキ、リアロックして転けそうになるわ
その後もほぼゼロからの加速で
ここで何秒損したのか。日頃からMC、Lostだけは
気をつけて居るのに、せっかくの遠征でこれでは。。。



1H 1'46.887 P1 ★ 112.00%
2H 1'48.970 P0

C1クラス中 27位/32人中
総合  66位/138人中
Toptime 1'35.707 冨永選手

↑このページのトップヘ